ごあいさつ 「新年あけましておめでとうございます。」

撮影:秋元 栄氏 朝陽の輝き(石鎚山)

撮影:秋元 栄氏 朝陽の輝き(石鎚山)

震災から、4年あまり、が経ちます。被災地の「復興」は、どうなのでしょうか。今回の震災事故で、我々は、何を学ばなくてはいけないのでしょうか。ひとそれぞれ、「人生に求めるものは。違います。」また、何を、選ぼうと、基本的には、自由です。しかし、「人は自然の恵み無しでは、生きられません」。また、「現代の我々は、文明の発達と引き換えに自然の恵みへ感謝を忘れてはいないでしょうか」。来年は、瀬戸内海が、日本で始めて「国立公園」に指定されて、80年になります。特に、欧州の人にも愛される「多島美」。そして、西条に恵まれた「水」を運んでくれる「石鎚山」。豊かな、自然に恵まれた、当地、西条です。いつまでも、後世に残していくことを、改めて大切に感じます。

本年もどうか、ホテルオレールをどうかよろしくお引き立ての上、お願い申し上げます。

2014年元旦 株式会社福屋

代表取締役 くろだ てつや

人生は海

人生は海のようなもので、ギブ・アンド・テークの絶え間ない潮の満ち干が、物事を解決してくれます。与えることが奉仕であり、受け取ることが利益または報酬に当たります。種を播く時期が、収穫より前であるのと同様に、与えることが、受け取ることよりも先でなければなりません。利益を得る経営学は、即ち奉仕を与える経営学でもあるのです。

今日、全世界に拡がっている経済的、社会的な混乱の原因は、人類の大部分が、人間関係の基本的な法則を破ろうとしているからです。私たち人類は、与えるのではなく、得ようとしています。それは結局、人類すべてを破滅させるか、少なくとも文明を破滅させて、精神的な暗黒時代に逆戻りさせることに繋がるのです。

『シェルドンの森』  田中 毅 著 より

このページの先頭へ