「そんなに大層なことは、この世にひとつもない。大概、笑ってごまかせることだ」(森繁久彌・俳優)

1024px-Cosmos4800

「そんなに大層なことは、この世にひとつもない。大概、笑ってごまかせることだ」(森繁久彌・俳優)

ある国の首相ふたりが話し合っていると、ドアをあけて、あわてて駆け込んできた男がいる。

すると、地元の首相が入ってきた男にこう告げた。

「ピーター、規則その6を思い出しなさい」

すると、彼は憑き物が落ちたように冷静になり、お詫びの言葉を口にして首相室から出ていきました。

20分後、今度は興奮した女性が入ってきました。

身振りが激しく、首相に何かを主張しています。

首相はまたも先ほどと同じ言葉をかけた。

「マリー、規則その6を思い出しなさい」

すると相手は冷静になり、会釈をして出ていった。

訪問国の首相が、地元の首相に尋ねました。

「これほど驚いたのは初めてです。ぜひ、規則その6のヒミツを教えてもらえませんか?」

規則その6、なんだったと思いますか?

規則その6は…

「あまりくそまじめになるな」

なるほどと感心した訪問国の首相は、ほかの規則も知りたがった。

「ほかも何も、これだけです」

ユーモアを忘れず深刻になるな、ということです。

くそまじめにやるからといって、いい結果がでるとは限りません。

むしろ、その逆のことが多い。

深刻になっているときは、呼吸は浅く、自分のことしか考えられない状況になっています。

また、「思考」が優勢になっているので、逆に「感覚」(五感)は閉じています。

考え事をしてごはんを食べると、ひとつひとつの味を感じられないですよね?

それと同じです。

くそまじめにならず、リラックスして、感覚を開いている方がむしろ直感は働きます。

くそまじめになっている自分を感じたら、「規則その6」を思い出してください。

すると、ふっと肩の力が抜け、縮こまった自分の心にスペースが広がるのを感じるはずです。

たかが人生じゃないか。

だって、僕らが生まれてきた理由は、こうだから!

ひすいこたろう氏の心に響く言葉より…

「われわれは、この地球に住んで、ばかばかしいことをするために生まれてきた。これに関してはだれにも違うとは言わせない」(カート・ヴォネガット・作家)

『常識を疑うことから始めよう』サンクチュアリ出版

 

アルジャーノンに花束を。 氷室京介   

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。