「朝の梅干しはその日の難のがれ」。

と、昔から言われているそうです。「塩気」・陽性と「酸味」・陰性の効いた梅干には気分をさわやかにさせ、からだをシャキットと引き締めて反射神経を敏しょうにするなど、不思議な効能がたくさん、あるそうです。(大森一慧さん、著。からだの自然治癒力を引き出す食事と手当て)。

また、

「梅干しを作る際にでる梅酢に含まれる「梅酢ポリフェノール」に、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、感染力を弱める効果があることが分かったと、梅産地の和歌山県田辺市とJA紀南でつくる「紀州田辺うめ振興協議会」(会長、真砂充敏市長)が明らかにした。」 ??

寒さが厳しくなるこれからの季節、梅酢や梅干しの効能が改めて注目される研究成果となりそうです。

ポリフェノールは野菜や果実に含まれ、健康増進成分として注目されている。同協議会は、梅酢に含まれるポリフェノールの効果について、昨年春にウイルス学専門の小山一・和歌山信愛女子短大学長(元県立医大教授)に研究を委託。小山学長は梅酢ポリフェノール抽出に成功したわかやま産業振興財団コーディネーターの三谷隆彦氏と共同で、A型インフルエンザウイルスの増殖抑制と不活性化(消毒)作用の研究に取り組んだ。

その結果、ウイルスの増殖抑制作用については、梅酢ポリフェノール溶液の濃度が0・5%の場合、ウイルスの増殖は100分の1に抑えられた。また、不活性化についても濃度0・1?0・5%で調べると、感染性のウイルス量が減少し、感染性を急速に失うことが分かった。細胞への障害作用も、極めて弱いことが確認されたという。小山学長は「梅酢ポリフェノールは、微量でインフルエンザウイルスに強い抗ウイルス作用とウイルス不活性化作用があることが判明した」と話した。同協議会は今後、うがい薬や消毒薬、サプリメントなどの開発が期待されるとしている。

● 秋月辰一郎医師は、長崎の原爆の被爆者に「水を飲むな!梅干を食べろ!」と言ったそう。水を 欲しがる人に飲ませると、すぐに亡くなってしまったそうです。

?Tokyo?DD?Clinic?院長NPO法人?薬害研究センター 理事長

内海聡さん.より、「引用させていただきました。」

011

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。