「4月より、消費税が上がりますが、「内税表示」か「外税表示」かという問題。」

本日は、来年4月の消費税増税後の「プライス表示」について話したいと思います。

政府は、2017年3月までの「時限立法」として外税表示を許可すると発表いたしました。

そこで、我々小売業者は「内税表示」か「外税表示」かで右往左往しております。

「内税表示の企業」

ニトリ  アクタス  ユニクロ  しまむら  無印良品  ネット業者 

「外税表示の企業」

スーパー業界  コンビニ業界  百円ショップ 

「内税+外税表示の企業」

イオン  セブンアイホールディングス??略

まだまだたくさんの企業が、どちらにするか迷っているみたいです。

さて、お客様にとっては「内税表示」が喜ばれるのか、「外税表示」が喜ばれるのか?

何人かのお客様に聞いてみました。

結果は当然「内税表示」で、なおかつ値上げはなしということでした。

販売側からすると、「外税表示」が望ましいのですが、お客様からの支持は得られそうもありません。

いずれはお客様に「外税表示」が理解され、全業種で出来るようになるかも知れませんが、当分は無理のようです。

スーパー業界は消費税が2段階(2014年4月8%、2015年10月10%)で上がる事を踏まえて、ポスレジなどのシステム変更が出来ない為、「外税表示」を発表しております。

しかし、我々専門店は、「外税表示」を望みながら、「内税表示」を選択するでしょう。

消費者(お客様)の気持ちを理解しなければ、小売業など生き残れるわけがありません。

「内税表示」の店か「外税表示」の店か、どちらで買うかの選択権は、消費者(お客様)が握っているのです。

消費税が上がるのは仕方ないが、安く買いたいと思う消費者(お客様)の気持ちは「永遠に不滅」です。

特に耐久消費財と言われる、家具インテリア商品は駆け込み需要もかなりあると見られており、来年4月以降の需要は激減するのは間違いないでしょう。

売れない時期にお客様の嫌がる「外税表示」で勝負しても勝ち目はありません。

もし4月から「外税表示」に変えて、頑張っていても4月以降、売上げが激減すればほとんどの専門店は
「内税表示」に戻すと考えられます。

買い手市場の世の中になってから、もう何十年も経つのです。

業者(売り手)の考えの真逆が、消費者(買い手)の考えです。

我々業者(売り手)はいかに、消費者(買い手)の考えを理解し、そして消費者(買い手)に支持してもらうかが生き残りの勝負です。

いろいろな企業努力をして、「内税表示」が出来るようにしなければなりません。

しかし、ピンチはチャンス、変化(消費税増税)はチャンスと言います。

この変化(消費税増税)をいかに、チャンスに変えるか?

ここが我々小売業者の腕の見せ所ではないですか!

大きなチャンスに変える事が出来るように頑張りましょう。

* 「ビックウッド社長のアウトレットなブログ」より、引用させていただきました。

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。