お遍路に韓国人が貼りまくる謎のシールを四国八十八カ所霊場会が許す理由.(記事より引用しました。)

?

「朝鮮人の手から守りましょう」貼り紙に四国八十八カ所霊場会が激怒

四国遍路の巡礼者が利用する休憩所に「『大切な遍路道』を朝鮮人の手から守りましょう」と印字された紙が貼られていたことが2014年4月9日の共同通信のニュースで報じられた。

日本の遍路道を守ろう会

貼り紙の内容

気になる貼り紙の内容は、「最近、礼儀しらずな朝鮮人達が、気持ち悪いシールを、四国中に貼り回っています。『日本の遍路道』を守る為、見つけ次第、はがしましょう」と記載されており、「日本の遍路道を守ろう会」の名が記されている。

札所の寺院で組織する四国八十八カ所霊場会は、「差別は許されない。ほかにも貼っているようであれば、止めさせていきたい」と批判。

このような外国人排除の紙を貼る行為を止めさせていく意思を表明した。

実はこのシールは、韓国人の崔象喜(チェサンヒ)氏の活動によるもの。

 

崔象喜氏は平成22年3月、インターネットなどで四国遍路を知り、亡くなった父親の供養のためお遍路に挑戦し、困ったときに地元四国の人が親切にしてくれる「お接待」に感動。

以後、「私も少しでもお接待がしたい」と、お遍路の缶バッジを感謝の気持ちとして配ったり、「韓国人にももっと遍路文化を知ってほしい」として、ハングル語で書かれた遍路道を示すシールを作成し、お遍路の至るところにペタペタと貼っているのだ。

崔象喜

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。