そら豆の栄養。「水都市」

1.皮膚のトラブル解消に効果的?
.
皮膚にしっしんができやすい原因のひとつに亜鉛不足があげられます。

そら豆は亜鉛を多く含む食材です。100g(約20粒) 中に2.4mgを含み、
1日の摂取適正量の約1/3の量が摂れます。?
そら豆が旬の初夏は気温も上昇し、汗もかきやすい季節です。
新鮮なそら豆料理で、お肌を美しく保ちましょう。?
2.貧血予防や造血食品としても
.
女性の方に多い貧血は、血液が薄くなった状態になることです。
対策として、血液を作る成分の食材を積極的に摂ることが大切です。?

そら豆は、血液を作る材料となる鉄分やたんぱく質、
そして 血液を作るときに必要となる銅、その吸収を高めるビタミンCが 豊富に含まれています。?
肉類などの動物性たんぱく質と炒めたり、煮物にしたり、サラダにしたり すると効果的です。

3.塩ゆで豆はカンタン、子供の成長促進に効果的
.
そら豆には重要なビタミンB2や亜鉛が豊富に含まれて います。
お子様がすくすく育つためには大切な栄養素です。?
他にもでんぷん、タンパク質、脂肪などさまざまな栄養素も 詰まっています。?

塩ゆでのそら豆はボリュ?ムもあり、ビ?ルのおつまみや お子様のおやつにも最適です。
皮を食べない人も多いですが 皮ごと食べれば食物繊維も摂取できます。?

と、引っ張ってきました。
そら豆は若返りの食料だって以前テレビで言っていたので、
この時期よく食べてます。
旬のものを食べると免疫が強くなって風邪を引きにくいともいいますしね。
私がよくするのは塩茹してからベーコンと一緒に炒めて
塩コショウで味付けします。
シンプルで簡単で且つ激うまなんでぜひやってみてください。

枝豆の栄養
枝豆には夏場に不足しがちなビタミンB1が豊富に含まれており、
大豆に少ないビタミンAやC、ミネラル類も豊富に含まれています。
お酒のおつまみでは定番ですが、
お酒と一緒にともに食すことでアルコールを早く分解してくれます。
だからおつまみの定番なのです。
? ?水都市はこちら。

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。