栄養学って元は戦争から生まれたんですって…!(゜Д゜)ポカーン

a1

栄養学は、1920年頃に佐伯矩(さいき ただす)という医化学者によって、提案・提唱されました。当時の日本政府が欧米列強との軍拡競争のために富国強兵策を推し進めていたこともあり、それまで「営食養生」と称されていた食の営みの在り方に「栄える」という字を当てた「栄養学」の研究は、政府からの大きな支持を得られることになり現在に至っています。

佐伯矩 氏 ➡ 西条ご出身みたいです。

一方で、この流れに異論を唱える流れがありました。明治時代に活躍した福井県(藩)出身の軍医 石塚左玄(いしづか さげん)が創立した『食養学』です。

記事は➡ こちらから

 

栄養学の嘘 ~カロリー表示に隠された秘密とは!?

➡ こちらから

コメントを残す

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。